メインイメージ

新会社法利点と費用

会社法が改正された利点と会社設立の費用について

会社設立と言うのは、会社を作る事です。
しかし、会社を作ると言うことは幾つかのルールを守って作らなければなりません。
このルールと言うのが会社法なのです。

会社法は平成18年5月1日に新会社法と呼ばれる法律が施行されました。
この法律の変更により、従来会社設立が難しかった個人事業主も比較的容易に会社設立が出来るようになったのです。

また、会社を作る時には資本金が必要となります。
資本金は、出資者が会社に払い込んだ払込資本を基盤として設定される一定の額であり、会社の規模を表すものでもあるのです。

資本金は、従来であれば株式会社の場合は最低1000万円が必要でしたし、有限会社の場合は300万円と言う費用が必要になったのです。
また、資本金を払込みする場合、払い込んだ証明書でもある、払込金の保管に関する証明書が会社登記の際には必要で、金融機関に対して払込み証明を作成して貰う事が必要だったのです。

しかし、会社設立を行う場合は、大半の場合が初めて行う事になるわけですので、信用と言うものがありませんので、金融機関も払込証明書の作成を拒むケースが多く在ります。
そのため、会社設立を行う人は、払込金の保管に関する証明書を発行してくれる金融機関を探さなければなりませんでした。

資本金は会社設立の中でも費用が大きい部分です。
そのため資本金を用意出来ないため、有限会社を作ったり個人事業を継続的に行うと言ったケースが多くあったのです。

また、資本金は払い込みが行われ、払込金の保管に関する証明書が発行されることで引き落として会社経営に利用する事が出来ますが、この証明書というものが発行されるまでは引き出す事が出来なかったのです。

しかしながら、法律が改正されたことにより、払込金の保管に関する証明書は金融機関での通帳の記帳を行い、それの写しを取る事で登記が可能になったのです。
また、通帳の記帳を行えば直ぐに引き出して会社経営の為に利用する事が可能になります。
例えば、設備投資に利用するなどお金を自由に使えるようになるのです。

更に、従来1000万円の費用が必要だった資本金も、法律が改正されたことで1円から会社設立が可能になり、資本金における自由性が高くなったのです。
これ以外にも、取締役の人数は従来では3名以上必要で、尚且つ監査役を1名専任しなければなりませんでした。
しかし、法律が改正されたことで、役員の人数は自由設定となり、一人からでも会社設立が可能になったのです。

Copyright© 2017 会社設立を安くして本業へ予算を割くためにAll Rights Reserved.