メインイメージ

設立費用が格安

運送業の会社設立する費用が格安?

会社設立すると聞くと、人間に場所、金銭ととても問題が多く、確固とした意思がないと、困難であるかのように思えます。
もちろん、会社を興そうという強い意志は、安くても必要です。
また、専門知識もですね。会社を興すにあたって必要なものを持っていなければ話になりません。

今回は、運送業にジャンルを絞り、主に金銭面で、できるだけ格安で会社設立を行う方法について話していきたいと思います。
運送業は建設業と並んで、特に設立が難しいと言われているジャンルなのです。

基本的には、自分で手続きを行うか、専門の業者の依頼をするかの2パターンの方法が存在します。
パッとみると、依頼をするということは、その分依頼料を払うわけですから、業者へ依頼するよりも、自分で片付けてしまったほうが安さの面では良いように思われます。

しかし、それは間違いです。
実は、自分で行う方が、金銭面でも、値段が高く、業者に依頼する方が安いのです。
では、どの業者に頼めばいいのでしょうか?
地方名+会社設立センターと名のつく業者がオススメです。
これらは、各地方ごとにあるようで、その地方の行政書士さんが運営をされているようです。

まず、何が安いのかというと、会社設立に関しての依頼をしたとしても、依頼料が不要というところが多いのです。
依頼料がないという時点で、自分で行うのと同等になりましたね。
ただしこれには条件があって、例えば会計顧問を、依頼業者に同意にお願いするなど、業者が何らかの利益を得ることを前提としたものになっています。

また、内訳も見てみますと、定款認証用の印紙代が、自分で行う場合は50000円ほどかかるのに対して、依頼をすると、0円になってしまいます。これは、業者は電子定款で行うことによって、紙が不要という理由があるのです。
その他、定款認証後の謄本代も、自分で行う場合は2000円掛かりますが、依頼する場合は1940円と若干安くなっています。
合計金額は、25万円ほどかかってしまいますが、それだけのかちは十分にあります。

なにより、自分で行うということは、その分、自分の時間が削られてしまう。ということでもありますね。
会社設立の手続きを業者に依頼することで、本来削られていたはずの時間を、ほかのことに使えます。
余暇として過ごすのも良いと思いますが、それこそ、求人情報を出したりするなど会社の活動に充てることもできます。
ほかに問題点、不安点があるのなら、その解決に充てるという方法もあります。
会社設立時を、万全の体制で迎えることができるというわけです。不安なく営業に専念でき、利益が早く出ることで、依頼料を上回る収益になれば、依頼料があるという懸念もなくなります。

Copyright© 2017 会社設立を安くして本業へ予算を割くためにAll Rights Reserved.