メインイメージ

必要な費用と経理

会社設立に必要な費用と経理を考える

会社設立を行うにあたって考慮すべきことは、会社設立時にかかる費用と経理についてです。
会社設立時にかかる費用には、創立費と開業費の2つがあります。

創立費用は、会社設立コストのことです。
具体的には、定款作成費用、株式関連の広告費、各種印刷費、金融機関での手数料、証券会社での手数料などです。

一方開業費とは、実際の営業開始までにかかる準備費用のことです。
具体的には電気・ガスなど光熱費、保険料、給料、支払利子、消耗品への支出、交通費、通信費、建物の賃借料などです。

創立費と開業費はぞれぞれ、会計の取扱いが違うことを覚えておきましょう。
まず創立費の場合は、支出時の処理を営業外とし、計上は繰延資産とすることができます。
一方開業費では、支出時の処理を営業外・販売・一般管理とし、計上は繰延資産とすることができます。
創立費と開業費の取扱いを考える場合、支出が行われた日の課税期間で仕入税額控除を行うことになります。
なお開業費においては、水道代、ガス代、電気代、支払利子、消耗品の支出、建物の賃借料などは該当しません。
会社設立における開業費とは、法人の設立後営業を開始するまでの間に開業準備のために特別に支出するお金のことです。

さて、会社設立においては経理業務も大切な要素となります。
会計は専門知識を持った人間が手作業の紙ベースで行うこともできますが、会計ソフトを使用することもできます。

会計ソフトを使用すれば、簿記に熟達した人間でなくても経理業務を行うことができます。
ただしパソコンに精通していることと、弱冠の簿記についての知識が必要です。
また最低限の計算や数字の認識があることも求められます。
このように会計ソフトを使用できれば、会計は効率よく行われることになります。
会計ソフトは簿記2級レベルの知識で十分とされます。
会計ソフトを導入するメリットは多岐にわたります。
まず、会計の効率性・正確性を高めることができることです。
そして、生産性分析や成長性などの財務分析がやりやすくなることです。

さらには、資金繰りのシミュレーションなども行いやすくなります。
もちろん集計等の自動計算ができることもメリットになります。
会計業務の合理化を図るうえで会計ソフトは重要となっており、すでに企業社会に定着しています。
経営者はリアルタイムで業績の把握がしたいと考えますが、会計ソフトを導入すればそれが可能になります。

簿記一巡の手続きをパソコン上で管理できることは、会計業務の効率化・スピード化に大きく貢献します。

Copyright© 2016 会社設立を安くして本業へ予算を割くためにAll Rights Reserved.